ぬーたうぬーぼ

生活のムダを省き、人生をすこしだけ豊かにする情報を発信していきます。

夢をかなえるゾウを読んだ感想。自己啓発本はこれ1冊で充分。

f:id:nootau:20181231121452p:plain



 

最近Kindle を買いまして。

Kindle Unlimitedという定額読み放題サービスに加入したんですね。

 

その中に、200万部を突破したベストセラー、

「夢をかなえるゾウ」がありました。

 

会社の同僚から勧められたこともあり、試しに読んでみたんですが、

これがなかなかおもしろく、

自己啓発本はこれ1冊で充分なんじゃないかと思えるほど学びに満ちた本でした。

 

備忘録も兼ねて感想を紹介します。

 

※ネタバレありです。

 

 

夢をかなえるゾウの概要

本書は、成功するための習慣、考え方を教えてくれる本。
偉人、歴史上の人物が大切にしていた習慣、考え方を紹介し、そこから得られる教訓を説明してくれます。


特徴的なのは、淡々とした説明文ではなく、ストーリー仕立てであること。

 

主人公はどこにでもいるふつうのサラリーマン。

生活のために特にやりたくもない仕事を淡々とこなしている。

成功をぼんやりと夢見て思い出しように本を読んだり、交流イベントに参加したりするも、結局長続きしない…。

あるとき、主人公の目の前に象の姿を関西弁の生き物が現れる。

彼はガネーシャと言い、神様を自称する。

ガネーシャは、自分が出す課題を毎日欠かさず実践すれば、必ず成功に導いてくれると言う…。

 

本書は、ガネーシャの課題を通じて徐々に変わっていく主人公の成長を描いた物語形式で進行します。

 

感想

これはありふれた自己啓発本の最上ランクなのでは?

本書は、ありふれた自己啓発本の最上ランクです!

 

ちなみに、完全に誉め言葉です。けなしているわけではありません。

 

成功を夢見て自分を変えたい!変わりたい!と思っている人には、
とても参考になる本です。

 

本書の主なメッセージは、次の3つ。

  • とにかく行動が大事!
  • 人を思いやり、人の喜ぶことをしよう!
  • 人生をかけて、好きなことを見つけよう!

 

これ、けっこうどの本でも見かけますし、

偉い人がこんなことを言っているのをよく聞いたことがありませんか?

  

成功の法則というのは、至ってシンプルなのかもしれません。

だから、本書も他の自己啓発本も、似たようなことが書いてあるんですね。

 

似たようなことが書いてあるから、「ありふれた自己啓発本」と感じてしまう。

 

しかし、「ありふれた自己啓発本」を軽視しているわけではありません。 

「ありふれた」と感じるのは、わたしのせいなのです。

 

成功を求めて何度もこの手の本を手に取り、結局行動せず、

忘れた頃にまた自己啓発本に手を出す。

そういうダメなサイクルにハマってるから、「ありふれた自己啓発本」と感じるのです。

 

反省…。

 

 

さて、わたしがありふれた自己啓発本の最上位と表現した理由は次の3つです。

 

  • ガネーシャと主人公の掛け合いがおもしろく、小説としてもスイスイ読める。
  • 本書の教訓はすべて実際の成功者・歴史上の人物の事実を基にしている
  • 他の成功法則本を読んでも結局成功できない理由を、心理分析をもって回答してくれる 

 

おもしろいし、教訓に対する根拠は明確だし、自己啓発本を読んだときの心理的落とし穴を詳細に説明してくれるから、次の行動につなげやすい。

 

非常によくできた本です。

 

とにかく、行動が大事!ただひとつのメッセージが心に刺さる。

本書が一貫して訴えているのは、

成功のためには具体的な行動をとること!環境を変えること!

です。


考え方、意識、心がけ…。

 

そのような曖昧なものを変えたところで意味はありません。


自ら今と違う環境に身を置き、行動に落とし込むことで初めて

「変わる」ことができていると言えます。

 

それを象徴するように、ガネーシャの課題は全て

「〇〇に××しろ」「△△を□□しろ」という具体的な行動レベルの指示になっています。


ただし、課題を達成するためには工夫が必要です。

何も考えず体だけ動かせば良いというものではなく、

自分なりに考えて初めて達成できるのです。


考える→行動に移す、という過程で、

本を読んで得た「ただの知識」は経験に変わり、

自分だけの「生きた知識」として蓄積されます。


成功するための考え方も例に漏れず、経験を通じて初めて自分のものとなります。
経験がなければ「ただの知識」で終わってしまい、次のアクションはありません。

 

この本は、主人公の成長を通じてそれを教えてくれます。

 

読了後はぜひともガネーシャの課題を行動に移すことをおすすめします。


でなければ結局、「ありふれた自己啓発本」以上のものを得ることはできないでしょう。

 

あなたがサラリーマンなら、まずは、
靴を磨きましょう!(ガネーシャの課題その1)