ぬーたうぬーぼ

生活のムダを省き、人生をすこしだけ豊かにする情報を発信していきます。

落とし物対策はこれで完璧。スマートタグ「Tile Mate」を買ってみた理由と感想

鍵、財布、定期入れ、カバン、その他貴重品…。

 

うっかり失くしてしまった経験がある方、多いのではないでしょうか?

 

自分もその一人です。

出先で自宅の鍵を紛失し、帰れなくなった経験があります。

不動産管理会社に連絡し、スペアを借りて何とか帰宅できたものの、

一度失くしてしまった鍵を探すのは非常に大変でした。

 

結局鍵は見つからず、鍵交換代2万円を失う羽目になりました。

 

一度落とし物をしてしまうと、後始末含めかなりの時間とお金が必要になります。

 

そんな思いはもう絶対にしたくないので、

落とし物対策グッズのスマートタグ「Tile Mate」を購入しました。

「Tile Mate」を選んだ理由と感想を綴ります。

 

 

 

 

スマートタグとは?

端的に表すと、落とし物を未然に防いだり、捜索をサポートしてくれる小型のガジェットのことです。

次のような機能が一般的ですが、製品によって機能は異なります。

 

落とし物を未然に防ぐ機能

 ・スマホと連動して一定距離離れるとスマホに通知する

 

捜索をサポートする機能

 ・紛失してしまった場合、GPSで位置情報を伝える

 ・スマホと連動してアラームを鳴らし、捜索をサポートする

 

貴重品など、失くしたくないものにつけることで、紛失のリスクをグンと軽減させることができます。

 

Tile Mateとは?

softbankが発売しているスマートタグです。

タイル メイトと読みます。

 

スマホに専用アプリをインストールし、Tileとbluetooth連携することで、様々な落とし物対策を実施できます。

できることはできることは次の4つ。 

スマホからTileを鳴らす。

専用アプリを使うことで、スマホからTileのアラームを鳴らすことができます。

落とし物を効率的に捜索できます。

 

最後に検知した場所を記録する

常時スマホとTile間で通信をしているため、最後に連携した場所を記録しておくことができます。

つまり、捜索するとき、どのあたりで落としてしまったのか、

当たりをつけて捜索することが可能になります。

 

他のTileユーザーのスマホ経由で落とし物の位置を確認できる

他のTileアプリユーザーが自分のTileの近くを通ると、

その人のスマホ経由で自分のTileの位置を知ることができます。

データ送信はバックグラウンドで行われるため、他の人に情報が知られることはありません。セキュリティ的にも安心です。

 

利用ユーザーが多ければ多いほど見つかる確率が高くなります。

 

Tileからスマホを鳴らす。

逆にTileのボタンを押して連携しているスマホのアラームを鳴らすこともできます。

これは、あまり使わない機能だと思います。

 

 

落とし物対策にスマートタグ「Tile Mate」を選んだ理由

ポケットに入れても邪魔にならないサイズがよかった

紛失対策にキーホルダーをつけるのはよくある手だと思いますが、私は嫌でした。

鍵をどうしてもポケットに入れたかったのです。

キーホルダーをつけると、少なからずポケットでは邪魔になります。

カバンに入れる人もいますが、出発時、帰宅時、わざわざカバンをゴソゴソするのは絶対に嫌でした。

その点、「Tile Mate」は薄くて小さく、ポケットでも邪魔になりません。

 

移動中はイヤホンで音楽を聴いていたかった

落とした時に気付けるように鈴など鳴り物を付けるのも検討しました。

しかし、私は移動中常に音楽を聴いているため、鈴の音に気付ける可能性は低いです。

だから鳴り物は却下しました。

 

落とし物を探す手間を省きたかった

これが一番大きいのですが、落とし物の捜索は本当に面倒くさいです。

特に、一日中歩き回っていざ帰宅という段階で発覚したら最悪です。

一日の行動を振り返り、再現して探し回ることになります。

その点、「Tile Mate」は落とし物が自分から場所を知らせてくれるのです。

 

コスパがよいものが良い

落とし物対策グッズは、結局のところ落とし物による「経済的損失」を低減させるための保険です。

その保険が高くついては本末転倒です。

「Tile Mate」は2,000円程度で購入可能です。電池は1年保ちます。

(ただし、電池交換ができないモデルもあります。しかし、1年に1回割引価格で購入可能な会員特典があります。)

 

つまり、安くてポケットに入れる邪魔にならなくて、落とし物が自分から位置を教えてくれるようなグッズが欲しかったのです。

それに当てはまるのが「Tile Mate」でした。

 

 

 

感想

買ってよかったグッズの一つです。 

私は鍵に付けていますが、失くしてしまったらどうしよう…。

という不安から完全に解放されました。

デザインもスマートで、ファッション性を損なうことはありません。

 

サイズも小さく、ポケットに入れるのにまったく邪魔にならないのは大きなメリットです。

 

アプリの設定もシンプルで迷うところがなく、

直感的に終えることができました。

 

つまり、期待通りでした。

 

今は鍵にしか付けていませんが、定期入れに付けることも検討しています。

 

 

「Tile Mate」利用にあたって留意すること

そんな「Tile Mate」にも、デメリットというか、留意すべきことはあります。

スマホと常時bluetooth連携

「Tile Mate」はスマホアプリで位置情報を管理する仕組みです。

常にbluetooth連携をONにしておく必要があります。

バッテリーの消耗も気になるところですが、半年使ってみた現在、

目に見えて消耗が早くなるということはありません。

 

落とし物の捜索をサポートするグッズであることを理解する

「Tile Mate」は落とし物を未然に防ぐ、というよりは、

捜索をサポートする、という発想のグッズです。

そもそも落とし物をしたくないんだ!という方は別の製品がおすすめです。

 

終わりに

以上です。

皆様も「Tile Mate」で落とし物の不安から解放されてみてはいかがでしょうか?

何より、「Tile Mate」はユーザ数が多いほどその真価を発揮するグッズなので、

ぜひ皆でコミュニティを大きくしましょう!