ぬーたうぬーぼ

生活のムダを省き、人生をすこしだけ豊かにする情報を発信していきます。

チョコ好き必見!蔵前のダンデライオン・チョコレートに行ってきた

こんにちは。
チョコレート食べてますか?

 

わたしはほぼ毎日食べてます。


この前チョコレート専門店の「ダンデライオン・チョコレート(ファクトリー&カフェ蔵前)」に行ってきました。


2回目の訪問でしたが、相変わらず感動的なおいしさだったので紹介します。

 

ダンデライオン・チョコレート」って?

「チョコレート専門店 東京」でぐぐったら上のほうに出てきたお店です。


サンフランシスコ発祥の「Bean To Bar」が特徴のお店です。
Beanはカカオ豆、Barは板チョコを意味します。

 

すなわち、カカオ豆の選定から買い付け、そして、
選別から板チョコを作る工程のすべてを、自前で行っているお店だということです。


ファクトリー&カフェ蔵前はそんなダンデライオン・チョコレートの日本第1号店なのです。


店内は1階が工房、2階がカフェスペースです。

 

休日は混むけど平日はゆったり

わたしが来たのは今回で2回目です。

以前は日曜日の16時ごろでした。


そのときはお店の外まで行列ができていて、
店内も人でいっぱいでした。


わたしが今回伺ったのは平日の18時頃。
店内はかなりゆったりめです。


客層は少人数の女性グループが多めな印象です。

でも、わたしのように男性1人で来ている方もいましたよ。

 

ゆったり過ごしたいなら平日の夕方が狙い目かもしれません。

 

ホットチョコレートが超おすすめ

メニューは季節によって変わるようですが、
絶対に注文してほしいのがホットチョコレートです。

f:id:nootau:20171204212701p:plain

※メニューの一部です 

 

季節によって限定のメニューがあったりするようなので、
来店前に公式サイトで確認するとよいでしょう。


わたしが今回注文したのは「ヨーロピアホットチョコレート」。

チョコレートをそのまま溶かしたかのような、濃厚さが特徴です。

 

カカオの風味を堪能したい、
チョコレート好きのためにあるようなドリンクです。


甘さは控えめで、量もそれほど多くないので、最後まで飽きずに楽しめます。

 

写真のクッキーは1枚ついてきます。

マシュマロはセルフでトッピングできます。

フォンデュにするのもおすすめですよ。

 

かなり濃厚なので、
セルフサービスのお水をチェイサーにして口の中をリセットしながら味わいましょう。


ただ、甘さ控えめと言ってもチョコレートなので、
スイーツと食べ合わせようというのは厳しいです。


できたてのホットチョコレートをイートインでゆっくり楽しみ、
スイーツはお持ち帰りするのがおすすめ。

 

ほとんどすべてのメニューがテイクアウト可能

ほとんどすべてのメニューがテイクアウト可能です。
あまり食べすぎると飽きてしまうので、テイクアウトはかなりありがたいですね。


今回はガナッシュチョコレートをお持ち帰りしました。

 

すごいボリュームです。
そしてシンプルにおいしい。

 

これで400円はかなりお得なのでは?

 

ダンデライオンで作ったチョコレートを贅沢に使ったブラウニーです。
カカオ豆のチップがトッピングされています。


自宅でこんなに本格的なチョコレート菓子が味わえるなんていい時代になったものです。

 

 

お店概要

公式サイト

https://dandelionchocolate.jp/factorycafe/

 

アクセス

東京都台東区蔵前4-14-6


都営浅草線「蔵前駅」下車徒歩3分
都営大江戸線蔵前駅」下車徒歩7分

 

営業時間

10:00~20:00(ラストオーダー 19:30)
不定休