ぬーたうぬーぼ

生活のムダを省き、人生をすこしだけ豊かにする情報を発信していきます。

会社でよく使われるビジネス用語68選

f:id:nootau:20171116195850j:plain

普段は全然使わないのに、会社に入ると途端によく聞く言葉ってありますよね。

 

なんとなくイメージはつくけど正確な意味は分からない。

 

通称、ビジネス用語・カタカナ語とか言います。

 

わたしも社会人なりたてのとき、頭に?マークが浮かぶ言葉がたくさんでてきて混乱した覚えがあります。

 

今でこそ違和感なく使いこなせてますが。

 

今回は記憶を頼りに、

初めて聞いたとき?マークが浮かんだビジネス用語・カタカナを68個紹介します。

 

 

なるべく一言でスパッと言い表せるようにしました。

 

 

接尾語として使う言葉

〇〇オリエンテッド

〇〇志向。〇〇重視。

 

用例

「我が社はユーザーオリエンテッドな商品開発を心がけている。」

 

〇〇ドリブン

〇〇をきっかけに。〇〇を起点に。

 

用例

「テクノロジードリブンで事業展開を考える。」

 

〇〇の論理

〇〇に都合が良い思考の組み立て。

 

用例

「やりがいを求めるなんて個人の論理だ。」

 

〇〇ファースト

〇〇を最優先にすること。小池百合子氏の発言がきっかけに会社でもよく使われるようになった。

 

用例

「弊社のモットーはユーザーファーストだ。」

 

ア行の用語

アイスブレイク

プレゼンやグループワークなどで緊張をほぐし打ち解けること。またその手法。

 

用例

「まずアイスブレイクのために自分の趣味を話そう。」

 

アウトソーシング

外部委託すること。

 

用例

経理アウトソーシングしよう。」

 

アジェンダ

目次

 

用例

「今日の会議のアジェンダはこちらです。」

 

アズイズ(As-Is)

現状の姿。とぅーびー(To-Be)と組み合わせて使われることがおおい。

 

用例

「As-Is、To-Beを整理しといて。」

 

アポ

アポイントメント(appointment)面会、会合などの約束のこと。

 

用例

「先方のアポは取った?」

 

移管

あるものの管理・管轄を移動すること。

 

用例

「保守サービスは子会社に移管してある。うちは作るだけだ。」

 

ウォント

want。あった方が良いこと。mustとの対比でよく使われる。

 

用例

スマホケースには防水機能はウォントだね。」

 

うたう

謳う。契約書や報告書に記載があること。

 

用例

「24時間対応と謳ってるんだから、できないとは言わせない。」

 

えいやで見積もり

明確な根拠がなく勘に近い精度で見積もること。

 

用例

「前提条件が足りなすぎるのでえいやで見積もりますね。」

 

エクスキューズ

excuse。言い訳のこと。

 

用例

「エクスキューズは聞きたくない。」

 

エスカレーション

上位者に報告すること

 

用例

「問題が発生したのでエスカレーションする。」

 

エビデンス

証拠

 

用例

「あとで言った言わないになるとやだからエビデンス残しといて」

 

OJT

On the Job Training。業務をやりながら仕事を覚えること。また、そのような教育のやり方。

 

用例

「仕事はOJTで覚えてもらうしかない。」

 

カ行の用語

ガバナンス

統治。管理。

 

用例

「もっと子会社にガバナンスきかせないとだめだ。」

 

瑕疵(かし)

過失のこと。

 

用例

「この不具合はそちらの瑕疵だから、修正費用はそちらに負担してもらう。」

 

クリティカル

重大な。

 

用例

「トラブルって言ったってそんなクリティカルじゃないでしょ。」

 

クローズする

継続的に続いていたものが終了すること。

 

用例

「再発防止対策の実施まで完了したので、この障害はクローズする。」

「まだクローズしてない課題はこれだけあります。」

 

傾斜

宴会等で関係者に出費を求めるとき、役職によって金額に差をつけること。

 

用例

「今回の飲み会の費用は先輩方のご厚意に甘えて傾斜をつけさせていただきました。」

 

購買

買うこと。企業が活動するために必要な物資やサービスを買うこと。反対語は購買。

 

用例

「巨大なモニターを購買した。」

 

コンプライアンス

社会規範に反しないこと。法令遵守

 

用例

ブラック企業が目立ってきて、弊社もコンプライアンスに厳しくなってきた。」

 

サ行の用語

ショート

不足すること

 

用例

「資金がショートした」

「あまりの人気ぶりに在庫がショートしそうだ。」

 

職制を通じて

管理職を通じて。

 

用例

「職制を通じて採用活動の手伝いを頼まれたからには断れない。

 

スキーム

枠組みを伴った計画。計画を伴った枠組み。

 

用例

「新規事業のスキームを説明する。」

 

スキトラ

スキルトランスファーの略。技術継承のこと。

 

用例

「新メンバーにはOJTスキトラする。」

 

スキル

訓練を通じて身に着けた技能。知識についてもこう呼ぶことがあるので注意。

 

用例

「発注業務のスキルが身に付いた。」

 

スキルセット

技術や知識の組み合わせ。

 

用例

「新メンバーに求めるスキルセットはこんな感じ。」

 

スコープ

範囲。特にプロジェクトで実施すべき範囲という意味でつかわれることが多い。

 

用例

「今回の案件のスコープには事後サポートは含まない。」

 

スタッフ部門

間接部門。直接利益を生み出さない部門のこと。

 

用例

「会社はスタッフ部門に支えられている。」

 

成果物

作業や仕事の結果、完成したモノ。

 

用例

「成果物を提出してほしい。」

 

ソリューション

企業の抱える課題を解決するサービスや情報システムのこと。

 

用例

「弊社にはリモートワークを支援するソリューションがありますよ。」

 

タ行の用語

タイト

期限が短いという意味でよく使われる。

 

用例

「タイトなスケジュールですね…。」

 

ディスカウント

値引き。割引。

 

用例

「企業対企業の取引は必ずディスカウントがある。」

 

トゥービー(To-Be)

あるべき姿。アズイズ(As-Is)とセットで使われることが多い。

 

用例

「As-Isはびんぼうなぼく。To-Beはお金持ちなぼく!」

 

ドメイン

その会社が競争する領域。フィールドのこと。

 

用例

「海馬コーポレーションのドメインはカードゲームだけではない。」

 

ドライブ

前進する。前進させること。

 

用例

「あのプロジェクトはAさんがガンガンドライブしている。」

 

ナ行の用語

ナレッジ

企業が蓄積している体系的な知識。

 

用例

「老舗企業には豊富なナレッジがある。」

 

にぎる

合意すること。

 

用例

「その仕様でいくことはお客さんとは握ってんの?」

 

人工(にんく)

作業に割り当てる労働力のこと。

 

用例

「人工が足りない。10人くらい欲しい。」

 

ハ行の用語

バックオフィス

間接部門。直接利益を生み出さない部門のこと。スタッフ部門と同じような意味。

 

用例

「バックオフィスはアウトソーシングしよう。」

 

バッファ

猶予。余裕のこと。

 

用例

「プロジェクトに遅延が発生したがバッファで吸収できる。」

 

パラレル

parallel。平行。同時に進めるといった意味でよく使われる。

 

用例

「会場の手配と物品の手配はパラレルに進められるでしょ。」

 

ハンドリング

コントロールすること。都合の良いように動いてもらうよう働きかけること。

 

用例

「決定権をもつ上司のハンドリングさえ間違えなければ楽勝だ。」

 

販売

売ること。企業が利益を得るために商品やサービスを売ること。反対語は購買。

 

用例

「弊社は会計ソリューションを販売している。」

 

品質

商品やサービスのクオリティ。形あるものだけでなく、サービスにも使われることに注意。

 

用例

「あそこの引っ越しは品質が悪い。」

 

ファシリテーション

司会進行能力のようなもの。会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、合意形成や相互理解をサポートすること。また、その能力。

 

用例

「今日の会議のファシリは誰がやるの?」

 

フィックス

確定すること。

 

用例

「あの案件の仕様はフィックスしたの?」

 

プライオリティ

優先順位

 

用例

「あの課題、影響でかいからプライオリティ上げて対応して。」

 

プリミティブ

幼稚な。原始的な。初歩的な。

 

用例

「プリミティブな質問で悪いんだけど、この単語の意味を教えて。」

 

ペイ

採算がとれること。かけたコストに対し、元が取れること。

 

用例

「食べ放題でペイするには死ぬほど食べないとだめだ。」

 

ボール

関係者が複数いる仕事で、今動く必要がある人を示す言葉。

 

用例

「この案件、ボール持ってんのだれ?」

 

ボリュームディスカウント

大量購入による値引き。

 

用例

「各部バラバラじゃなくていっしょにまとめて買おうよ。ボリュームディスカウント効くでしょ。」

 

マ行の用語

マスト

must。しなければならないこと。wantとの対比でよく使われる。

 

用例

「今月中の解決がマストだ。急げ!」

 

マンパワー

人間が生み出す労働力。人的資源。

 

用例

「システムの開発にマンパワーが不足している。」

 

ミーシー

MECE。 Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive。

モレなく、重複なく。網羅的に。この言葉だけで一つの記事が作れるくらい奥が深いのでググってみることをおすすめします。

 

用例

「データの不整合が起きる原因をミーシーで分析しよう。」

 

ミッションクリティカル

業務に不可欠な要素。

 

用例

「このシステムは極めてミッションクリティカルだから絶対に障害を起こさないように。」

 

ヤ行の用語

良きに計らえ

いい結果になるように、適当にやってくれ。任せた!というときに使う。しかし、自己判断で勝手にやって良い結果になることはほとんどないので、ホウレンソウはしっかりやった方がよい。

 

用例

「この件はよきにはからっといて。」

 

ラ行の用語

リカバリ

回復。プロジェクトの遅延などに使われる。

 

用例

「その後れはいつリカバリできる?」

 

リスク

危険。危険が起こる可能性のこと。

 

用例

「リスクをとらねば大きな成果はない。」

 

リスクヘッジ

リスクを回避すること。

 

用例

「クビになったときのリスクヘッジのために副業を始めた。」

 

リスケ

リスケジューリングの略。決まっていた予定を変更すること。

 

用例

「急用入ったからその会議はリスケで。」

 

ローカル

①局所的な。

②(IT)サーバやネットワークに繋がれていない状態。

 

用例

①「毎日日報をつけるのはその部署だけのローカルルールだ。」

②「PCで作ったファイルはローカルじゃなくて共用サーバにあげてくれ。」

 

ロードマップ

おおまかな工程表のこと。

 

用例

「ロードマップでは、製品の評価版は10月に完成することになっている。」

 

ロジカル

論理的に。筋道立てて。

 

用例

「感情ではなく、ロジカルに考えてくれ。」

 

ワ行の用語

ワーキング(WG)

企業内での期間限定の取り組み。また、その組織。

 

用例

「働き方改革のため、社内に残業削減ワーキングを立ち上げた。」

 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

常識的な用語から全然聞いたことのないような用語までありますよね。

 

このような用語を使う人は、こちらも当たり前のように知ってると思って

います。

会議中に使われて?マークが浮かぶことのないように抑えておきたいものです。