ぬーたうぬーぼ

生活のムダを省き、人生をすこしだけ豊かにする情報を発信していきます。

文明崩壊後の世界がおすすめの作品【映画・ゲーム・ドラマ】

ぬーたうです。

 

突然ですが荒廃した世界ってなんかいいですよね。

今回はわたしが体験した作品の中でも、特におすすめを厳選して紹介します。

 

荒廃した世界の魅力

病気、ウイルス、菌、化け物、自然災害…。

様々な理由で文明が崩壊した後の世界を描く物語。

 

恐ろしいのになぜか魅力がありますよね。

 

このジャンル、ポストアポカリプスというようです。

 

わたしはこのジャンルが好きで、いろんな作品をあさりました。

映画、ドラマ、ゲーム…。 

 

その中でも、実際にわたしが体験して、特におすすめしたい作品

紹介します。

 

ゲームもいくつか挙げますが、ゲーム性よりストーリーを重視しています。 

苦手な人もゲーム実況などで十分楽しめるので、ぜひ観てほしい作品たちです。

  

ゲーム:The Last of UsPS3/PS4

youtu.be

あらすじ

寄生菌の爆発的な感染により人口は激減し、都市は荒廃した。
二十年もの間打ち捨てられていた都市は少しずつ植物に覆われはじめている。

隔離された街から一歩外に出ると、いたるところで寄生菌に侵された“インフェクテッド(感染者)”たちが蠢(うごめ)いている。
彼らの形状は感染の進行度合いによって異なるが、心と体を寄生菌に奪われた彼らの目的はただ一つ、
生存者を攻撃して感染を広げることだけだ。

闇市場での取引を生業とするジョエルは、武器を巡るトラブルからエリーという14歳の少女をある場所へ連れて行く仕事を引き受けることになる。
その出会いは、ジョエルとエリーの運命を変える長い旅路につながっていた。
パンデミック後の荒廃したアメリカを旅していく過程で、
二人はインフェクテッド(感染者)の脅威と戦い、そして様々な方法で生き残ってきた他の生存者たちと出会う。
圧倒的な絶望と恐怖の中で少しずつ生まれる二人の絆。
その結末は…。

 

荒廃した世界、崩壊後、といったらまず最初に名前が上がるのがこのゲームです。

 

このゲームはスゴイです。

ゲームとは無縁の層にこそ体験してほしい。 

 

ただのゾンビゲームではありません。

ゾンビ要素ありの人間ドラマです。

 

作品の大きなテーマがジョエルとエリーの信頼関係です。

 

最初はぎこちなかった2人の関係が、死線を乗り越えて徐々に変化していくんですが、

すごく繊細に大切に描かれています。

 

まさにプレイする映画です。

 

後述する ウォーキングデッドに近い世界観ですね。

(実際、ウォーキングデッドに影響を受けているようです。)

 

2017年11月現在、続編がPS4にて製作中です。

 

 

 

ゲーム:『ニーアレプリカント』(PS3

youtu.be

あらすじ

人々は「黒文病」と呼ばれる不治の病と「マモノ」と呼ばれる怪物の襲撃に生活を脅かされていた。ある片田舎の村にニーアと妹のヨナは暮らしている。ニーアは村長的存在の双子の姉妹デボル・ポポルに仕事をもらい、生計を立てていた。

しかし、病弱なヨナが黒文病を発症、治すすべもなくニーアは苦悩する。そんなある日、月の涙という花を探してヨナが失踪。

石の神殿で人語を操る謎の書籍「白の書」と出会い、ヨナを救出した。

村に帰ったニーアはデボル・ポポルに「白の書」についての言い伝えを聞き、ヨナを救うため「失われた言葉」を探しに旅に出る。


崩壊後何千年後の物語です。

 

完全に文明が入れ替わってるから、風景からは終末感はありません。
ところどころ旧文明の遺産があって、想像が膨らみます。

 

この作品の特徴は主人公サイド、サブキャラ、敵サイドにそれぞれの事情があるところです。

 

みんなかわいそうなんです。

 

ただし、キャラ達はお互いの事情を知りえず、戦うしかありません。

 

2週目からは敵であるマモノの言葉が、プレイヤーにだけ分かるようになります。

プレイヤーだけが彼らのバックグラウンドを知ることになるのです。

 

切ない。

 

ゲーム内のストーリでは直接明かされませんが、裏設定が数多く散りばめられています。

クリア後に解き明かしてみるのもおすすめです。

 

あ~そういうことだったのか~」と思える仕掛けがたくさんあります。


映画:『The Road』

youtu.be

 あらすじ

大災害により文明を失ってから10年以上経った世界、空は塵に覆われ寒冷化が進み動植物は死滅していく。生き残った人間は餓死するか自殺するかお互いを食い合うしかない。そんな荒廃した世界においてもなお父と息子は他人を助け、善き者であろうと生きつつ寒さから逃れるため南を目指し歩き続ける。 

 

崩壊後まもなくの話だから、

文明跡はしっかりと残っている。

 

特徴はなぜ崩壊したのか詳しくは分からないところ。
物語はただ災いに巻き込まれた一般人の目線で描かれます。
主人公が知りえない情報は、鑑賞者にも分からない。

 

だからこそ没入感がすごい。

 

ゾンビや化け物は出てこないので、

そういうものが苦手な人にもおすすめの人間ドラマです。

 

 

映画:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

youtu.be

あらすじ

資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックス(トム・ハーディ)は、砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の一団に捕らわれ、深い傷を負ってしまう。そんな彼の前に、ジョーの配下の女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの謎の男、そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。マックスは彼らと手を組み、強大なジョーの勢力に戦いを挑む。

 

バカと天才は紙一重と言いますが、
これを作った人はバカで天才だと思います。

 

今まで紹介してきた作品とはまたガラリと雰囲気が変わりますね。

 

他の作品が生き延びた人間のドラマに主眼を置いていたのに対し、

エンターテイメント性に全振りしているような印象を受けます。

 

 なんでこの映画こんなにテンション上がるんですかね。

やってることはバイオレンスでグロテスクでR15なんですけど、

「うわぁ…。」って気分にはならないです。

 

「ウオアァー!ヒャッハー!」って感じ。

 

たぶんそれはお祭り感が半端ないからですね。

 

砂漠のカーチェイスが上映時間の大部分を占めるのですが、

とにかくド派手です。

戦闘部隊の車列のはずなのに、

太鼓と火を噴くギターで音楽を鳴らすだけの車がいますからね。

 

頭おかしいですよね。褒め言葉ですけど。

 

よく言われてますが、完全にエレクトリカルパレードです。

 

北斗の拳のようなヒャッハー感を求める人におすすめです。 

 

 

映画:『アイ・アム・レジェンド

 

2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残る。彼は究極の孤独と闘いながら愛犬サムとともに3年間もの間、ほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続け、人類再生の道を探ってきたが、彼に謎の敵が迫っていた。

 

人間を化け物に変貌させてしまうウイルスの影響で、

世界でたったひとりになってしまった 男、と犬一匹の物語です。

 

The Last of Us』に近い世界観ですが、

アクション要素が強めです。

 

また、他の作品に比べて話がシンプルで分かりやすいです。

「人間ドラマはそんなに観たくないし、そんなに身構えず観たいな」という方におすすめですね。

 


ドラマ:『ウォーキングデッド』

youtu.be

あらすじ

ゾンビによる世界の終末を迎えた後の物語であり、荒廃したアメリカ合衆国で安住の地を求め、ゾンビから逃れつつ旅をする少人数のグループを描く。

ゾンビは様々な名で呼ばれるが、主人公たちの集団はウォーカーと呼ぶ。

大人気海外ドラマですね。

観ないと損です。

 

2017年11月現在シーズン8が放送中です。
噛まれるとゾンビになるウイルスが蔓延した直後の世界が舞台となっています。

 

人間ドラマあり、アクションあり、ホラーありと、

ポストアポカリプスを盛り上げる要素をこれでもかと詰め込んだ作品です。

 

主要メンバーの入れ替わりが激しく、誰が死ぬか分からない緊張感があります。

 

物語もテンポよくホイホイ進むので、グイグイ観れます。

ハマってたときは毎日寝不足で出社してましたね…。

 

このためだけにHuluに加入する価値はありますよ!

 

 

ただひとつ残念なのは、徐々に「本当に恐いのは化け物ではなく人間」って空気が強くなっていくところです。

 

人間同士の争いじゃなくて、どう生き延びるのか、に焦点を当ててほしかったです。

個人的にシーズン3くらいまではゾンビに怯えながら新鮮な気持ちで楽しむことができます。

 

 

終わりに

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

このジャンルは人気があるので、

今後もいろいろな理由で世界は滅亡するのでしょう。

 

わたしもまだまだ観ていない作品がたくさんあるので、

新しいおすすめを見つけたら更新していきます。