ぬーたうぬーぼ

生活のムダを省き、人生をすこしだけ豊かにする情報を発信していきます。

掃除がめんどくさい人必見!汚れを予防するという考え方!

 

掃除は嫌だがきれいにしたい

こんにちは。

ぬーたうです。

 

家事にはいろいろありますが、掃除が苦手という方は多いのではないでしょうか。

 

わたしも好きではありません。

めんどくさがりなので。

 

基本的に「何もしたくない」です。

が、「家をきれいに保つ」ことは大好きです。

 

一見矛盾しているようですが、実は両立が可能です。

 

それを実現する考え方が汚れを予防するということです。

 

特に掃除がめんどくさい水周りこそ効果てきめん

汚れの予防とは、できるだけ掃除の頻度を少なくすることを目的とします。

特に威力を発揮するのが、お風呂、トイレ、キッチンです。

 

水回りは一度汚れてしまうと掃除がものすごく大変です。

 

だからこそ、予防することが大切なのです。

 

お風呂編

お風呂掃除でめんどくさそうなのがカビの除去ですね。

 

めんどくさそうと表現しているのは、カビの掃除をやったことがないからです。

なぜなら今の家に入居して2年、カビが生えたことないので。

 

換気扇は「扉を閉めて」ガンガン回す

浴室使用後は換気扇をガンガン回しましょう。

ここはケチるところではありません。

 

ポイントは扉を閉めることです。

開けてしまうと外の空気を入れ替えるだけになるため、

閉めてください。

 

お風呂上がりのワイパーでカビを防ぐ

壁や湯船に残った水滴はカビの原因です。

お風呂上りにはワイパー?をかける習慣をつけましょう。

毎日30~1分程度で十分です。

 

 

グッズは別になんでもいいと思います。

ググればいくらでも出てきますが、おすすめはこれです。

 

 

 

いいところは色白でお風呂に似合うところと、

三角形の穴がシャワーをひっかけるところにフィットするところです。

 

掃除は防カビプラスの洗剤で一石二鳥

お風呂掃除をするときの洗剤も予防につながるものがあります。

水はけをよくし、防カビ効果をプラスするものなんかが例です。

 

わたしはこれを使っています。

水切り効果がビンビン感じられます。

 

 

しかし泡立ちがあまり良くないので、つい多く使いがちです。

消費サイクルは早いかもしれません。

 

それでも私は、水切り効果に惚れて使い続けてます。

 

キッチン編

レンジフードフィルターはもはや必需品

全家の掃除の中で、一番めんどくさいのはたぶんレンジフードです。

油と埃でベッタベタになったレンジフードは、地獄です。

 

大幅に軽減するフィルターはもはや必需品です。

貼っておくだけで身代わりになって汚れてくれます。

あとは汚れが目立ってきたら交換するだけです。 

 

レンジフードの掃除、本当にめんどくさいですからね。

これから一人暮らしする人は気を付けてください。

 

トイレ編

老若男女座ってすること!

立ってすると飛び散ります。

思いのほか飛んでますよ。

 

  

便器の内側は洗浄剤で予防する

トイレの内側は洗浄剤で予防しましょう。

洗浄剤の有無で汚れの付き方に結構差があります。

グッズはたくさんありますが、大きく分けて3種類ですね。

全部調べて、全部試しました。

  • タンクの上に置いておく、「置くだけタイプ」
  • タンクに入れる、「入れるだけタイプ」
  • 内側にジェルを貼り付ける「スタンプタイプ」

 

それぞれにメリット・デメリットありました。

一概におすすめはいえないので、自宅のトイレに合わせて選ぶとよいです。

 

入れるだけタイプ

 

◎メリット

・準備が楽。

 買ってきてタンクにぶち込むだけなので、準備はすごく楽です。

 

×デメリット

・固形が弁にひっかかって水が止まらなくなることがある。

 洗浄剤がタンクの中で移動してしまうと、

 弁にひっかかってしまうことがあります。

 つまり、水が流れっぱなしになってしまうということです。

 配置には注意しましょう。

 

置くだけタイプ

◎メリット

・準備が楽。

 これも、買ってきて置いておくだけなので楽でした。

 

×デメリット

・水が洗浄剤に直撃すると飛び散る。

 うちのトイレで置くだけタイプを置くと、

 洗浄剤に水が直撃して跳ねてしまいました。地味に嫌です。

 


スタンプタイプ

 ◎メリット

 置くだけタイプ、入れるだけタイプのデメリットがない。

 

×デメリット

 スタンプするのがちょっといや。

 

 

わたしは消去法でスタンプタイプを愛用しています。

「水漏れの心配なし」「水ハネなし」という点が魅力です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「汚れを予防する」という考え方のもと、最小限の手間でかなり清潔な自宅に保てていると思います。

 

グッズが必要なものにはお金が若干かかりますが、

汚れたときの大きな手間に比べたら全然ましだと思っています。

 

めんどくさいことはしたくないですから。

 

また新しいワザを見つけたら更新します。