ぬーたうぬーぼ

生活のムダを省き、人生をすこしだけ豊かにする情報を発信していきます。

【一人暮らし】家計簿を続けるコツ

f:id:nootau:20171023183846j:plain

家計簿をつけ始めて3年経ちました。

 

根がめんどくさがりなので、ここまで続くとは自分でも驚きです。

でも自分なりにコツを見つけて習慣化させることができたので、公開します。

 

 

スマホアプリを使う

これが1番大切!

スマホは肌身離さず持ってるうえ、アプリの起動も簡単だから、すぐ行動できます。

紙で記帳したりPCで記録したりすると、準備に地味に時間がかかります。

続けるためにはほんのわずかな手間も省き、一切のストレスを感じないことが大切です。

 

すぐ記入する

溜めるとそれだけだるくなります。

支払った瞬間に記入しましょう。

実は一番負担が少ないです。

 

決済手段を分けない

アプリによっては決済手段ごとに記録をつけられます。

クレジットカード、電子マネー、現金、など。

でもそこまで分ける必要はありません。

自分のお金の増減だけを抑えられていればいいから、

決済手段というプロセスは意識しなくても問題ありません。

 

分けてしまうと手間が増えてストレスになるだけです。

それに、振り返ったとき、どう支払ったかなんて気にしたことがありません。

 

通販は注文した時点で記入する

ポチった時点でその日の支出として記入しましょう。 

クレジットカードの請求が翌々月だから、とか、届くのは2週間後だから、と考えて先延ばしにすると忘れがち。

それに、後で書かなきゃ、と脳裏に引っかかっているだけで若干のストレスになっています。

ポチった瞬間に計上しましょう

 

固定費機能を活用する

家計簿アプリには固定費を設定する機能があります。

毎月出ていくお金を設定しておけば記入する手間が省けます。

 

固定費だけど毎月ちょっとずつ差がある光熱費なども、だいたいの金額で設定しておきましょう。

具体的な金額が判明したときに修正すればよいです。

 

固定費の発生日は初日にする

固定費の発生日は全て毎月1日でOK。

ガス代とか電気代の請求日は違うけど、

何日だろうと月に一回払うという事実は変わりません。

あとから修正するときにもカレンダーを探す手間が省けて楽になります。

 

 立て替えは記入しない

飲み会や旅行で皆の分まで立て替えるときがあるかもしれません。 

でも立て替えた分まで記入はしないでおきましょう。

 

単純にだるいです。

 

必ず返ってくるお金なら、

記入しなくて大丈夫です。

まとめ

続けるコツは

  • スマホの家計簿アプリを使うこと
  • できるだけストレスを感じないようなルールを作ること
  • 細かいことは気にしすぎないこと

です。

 

家計簿を続けると貯金の役に立ちます。

こんな記事もあるのでよかったらよろしくお願いします。

 

ldbbyrs.hateblo.jp