ぬーたうぬーぼ

生活のムダを省き、人生をすこしだけ豊かにする情報を発信していきます。

【一人暮らし】浴室乾燥機を常用したら洗濯がものすごく楽になった

f:id:nootau:20171023183537j:plain
浴室乾燥機はスバラシイ。

一人暮らしを始めようとしている人は絶対にこれがついてる物件を選ぶべきだし、
ついてるのに使ってない人はガンガン稼働するべき。


もうこれなしの洗濯なんて考えられないので、良いところを紹介しようと思います。


浴室乾燥機先輩に依存することになったワケ


わたしは浴室乾燥機付きの物件に住んでいる。

しかし、浴室乾燥機に対するイメージは「電気代がかかる」「雨の日だけ使おう」
といった、特別なときにだけやむを得ず使うものだった。

実家にいたときは洗濯物はほとんど外干ししか見たことなかったから、当然一人でもそうするものだと思っていた。

だからしばらくは外干し生活だった。



Gの侵入を許すまでは。


考えてみれば当たり前だけど、外干しはG含め虫の侵入リスクがものすごく高い。

干している隙を狙って。
取り込む隙を狙って。
洗濯物の中に潜んで。

やつらは簡単に侵入してくる。



わたしは虫が大嫌いなので、侵入リスクは極力排除しようとした。
そして浴室乾燥機を使うことを決めた。


浴室乾燥機先輩のいいところ

一度使い始めたら、虫の侵入を防ぐ以外にも多くのメリットがあることに気づいた。

虫が入ってこない。つかない。

これ!
窓を開ける必要がないため、虫が絶対に入ってこない。
リスクO!

洗濯物に潜んでいないか怯えながら確認する必要もない。



干すのが楽

洗濯機と浴室の距離が近いため、移動時間がほぼ0。
洗濯機から出してすぐ干せるため、洗濯かごも必要ない
風で飛ぶ心配がないため、洗濯ばさみをつける必要もない。


部屋干しのデメリットがない。

浴室乾燥機を使わず部屋干しすると、いくつかデメリットがある。
景観を損ねる。湿度が上がる。臭くなる。などなど。

浴室乾燥機先輩にかかればこれらのデメリットは全くない。


天気の影響を受けない。

雨も風も黄砂も関係ない。
洗濯リズムを確立できる。


自分で干して自分で収穫する必要がある一人暮らしメンにとって、
これは大きなアドバンテージである。


花粉がつかない。

洗濯物に花粉がつかない。
干すとき、取り込むときに窓を開けないため、室内に入ってこない。

花粉症の人が大半のこのご時世、これは大きなメリットではなかろうか。


電気代は大したことない。

週一で6時間使っているが、使っていない時代に比べて目に見える差はない。



浴室乾燥機先輩のよくないところ

正直デメリットなんて皆無に等しいと思っているけど、
良いところと悪いところ両方紹介しないとフェアじゃないよね。


電気代は0じゃない。

0じゃない。けどほんとにその程度。
全然気にするレベルじゃない。


あんまり広くない

ベースが風呂なので広くはない。
きれい好きな人は干すスペースが足りなくなるかも。

わたしも干すスペースを広げるためタオルハンガーを使っている。


大きなものは干せない。

狭いためシーツとかは干せない。
これだけは部屋干しにしてる。


乾燥の風がけっこう熱い。

風を出して乾かすタイプだが、これが結構熱い。
おしゃれ着は傷みそう。
風が直接当たらないようにポジショニングを工夫しよう。


フィルターに埃がつきやすい。

乾燥風を出すファンにはフィルターがついている。
これにけっこう埃がつきやすいので、こまめに掃除は必要。
だいたい3週間に1回くらいだろうか。
ただ、ここは風呂場なので外してシャワーぶっかければOK。
そこまでめんどくさくない。



まとめ

メリデメ紹介したけど、正直デメリットなんて全然デメリットじゃない。

メリットが圧倒的に大きい。

洗濯にかかるストレスと時間と手間が70%くらい減った気がする。


改めて言うけど、
一人暮らしを始めようとしている人は絶対にこれがついてる物件を選ぶべきだし、
ついてるのに使ってない人はガンガン稼働するべきです。